北洋銀行でびっくり
北洋銀行に行ってびっくり! 女性行員の制服が消えました。
改正男女雇用機会均等法が施行されたのが1999年。今ごろですか……、という気もしますが、この法律への対応、つまり男女格差がないようにという精神で、1月4日から、制服廃止が実行されたそうです。
お客さんに不快感を与えない範囲で、着る服の色も形も自由、アクセサリーやスカーフもOKなので、よく見ると控えめではありますが、一人一人が違うおしゃれをしていて、新鮮な驚きです。
思えば机を並べている男性行員はみな自前のスーツを着て、好きなネクタイをしめているのですから、これが自然なのでしょうね。
自前で会社着を購入する経済的負担と、自分の意志で服を選べる自由、その両方が、女性行員にも与えられたわけですが、女性行員のみなさんの本音はどうなんでしょう。
好きな服が着られて意欲が増している人、お金がかかるので悲しい人、
そろそろ毎朝の服選びが面倒くさくなっている人もいるかも……。
ちなみに、私がディレクターとして働いているHTBの報道部では、女性も全員ジャケット着用。「知事にインタビューできる格好」という、具体的なドレスコードがあります。
私は会社用に制服が5着あると割り切って、好きな服と会社に着ていく服を分けて購入しています。どちらにも着られる服をさがすと、どっちつかずの服が増えてしまうという失敗から学んだ結論で、気持ちの切り替えにも役立ちます。
今のところ、北洋銀行の女性行員は、色も形もおとなしい装いで、むしろ男性行員よりも地味です。制服廃止に気づかない人も多いようです。まあ、最初は地味で当然ですが、半年たった初夏の装いが楽しみですね。似合う服を着た男女が、色とりどりに働く銀行になっていたら、親しみが湧いてくるとおもいませんか?ちなみに、みずほ銀行でも4月から窓口以外の女性は私服になるそうです。どちらの銀行の女性行員も、初売りバーゲンでの買い物は、いつもとちがったことでしょう。素敵なコーディネートと、仕事ぶりに期待しています!
by office_pallet | 2005-01-10 21:53 | 日常
<< 映画「セルラー」を見ました 長万部で夢について講演 >>