京都土産の煎茶チョコレート
息子が春休みで、帰省しました。
お土産に、京都らしいチョコを!とリクエストしました。

報道部の仲間達は、
「いおりさーん、それは酷!」とブーイング。
なぜかと尋ねると、
バレンタイン商戦中のチョコ売り場は、男子禁制の香り。
もしも、男子がいたなら、
もらえないから、自分でかってるー!みじめー!的な、
そしりの視線を向けられるとのこと。

そうなんだあ、と驚いていると、
あっさり「チョコ買いました」のメール。
がんばったじゃんか!

で、買ってきてくれたのが、
煎茶クリームがはいったチョコ。
抹茶ではなく、煎茶というところがにくい!
香り豊かだけれど、味はさっぱり。
おいしかったです。

隣は、「笹屋伊織」のチョコギモーブです。
f0033609_22411043.jpg

ここで残念なお知らせが。
私の愛する、
「笹屋伊織」のバレンタイン限定「生抹茶チョコ」は、
生産中止となり、
「抹茶トリュフ」にとって変わられました。
ショックです。
店員さん曰く、
「トリュフは、前の生チョコほど苦みがなくておいしいですよ」
ちがーう!あの苦みがおいしかったのに!
わかってないなあ!
もう食べられない、あの生チョコ・・・。
ああ、悲しい。
by office_pallet | 2011-02-11 01:24 | グルメ
<< ダスカリデス 紙袋もたくさん断捨離 >>