龍馬の末裔が描く表紙絵
月曜日に、こどもの詩集「サイロ」の特集を放送します!
「サイロ」は北海道十勝地方で52年続いている月刊の詩集で、
十勝の子ども達が投稿する500もの詩の中から選ばれた
10編あまりが掲載されています。

その表紙を、創刊号から600号まで50年描き続けたのが
山岳画家の坂本直行さんです。

直行さんは、あの幕末の志士坂本龍馬の甥の孫、
直行さんからみると、
龍馬はひいおばあちゃんの弟だったのです。

龍馬が蝦夷地開拓を夢見ていたことは最近よくとりあげられます。
龍馬の末裔たちが、北海道に入り、それぞれに活躍したというのも
ロマンを感じる現実です。

直行さんは、その血筋を口にすることなく、
ただ、原野をもくもくと開拓し、
その合間に絵筆をとった人です。

作風は、六花亭の包装紙!といえば、ご理解いただけるでしょうか。
あの植物のコラージュは、直行さんの作品です。

「サイロ」と「直行さん」
ここに秘められたドラマと、「サイロ」の今を伝えます。

月曜日のイチオシ!
18時17分からHTBを、是非ご覧下さい。
by office_pallet | 2011-01-22 12:10 | お仕事
<< 就職難だけれど・・・ 解体セール >>