高島屋が名乗り上げ、でも…
丸井今井の経営破綻を受け、
高島屋が名乗り……のニュース。

伊勢丹と高島屋が入札で競ってくれたら、
債権者に、より多くが戻るのなら……
いい!いい話かもしれない!

と思ったのもつかのま、
入札では行わず、条件面で検討するという。
それでも、伊勢丹のいいなり……よりはましかあ。

もし、高島屋が丸井今井のスポンサーになると、
札幌の大通り地区には
三越・伊勢丹ホールディングとH20リテイリング(予定)が
競い合う構図になる。

特色をぶつけあい、
違う品揃えで勝負してくれたら……と思うと、
デパート好きとしてはたまらなくうれしい。
価格も、勝つために競うことになるだろう。
もちろん大丸の存在もあることだし。

しかし、
こうした競争を繰り広げる場所として、
我が町札幌があまりにも小さく、購買意欲が低いということになると、
先には、淘汰が待っている。
こりゃだめだ!と判断した方が
早々に北海道を去る。
残った方は、独占で商売をする……。

健全な形とは、
理想的な形とはどういうものなのだろう。
伊勢丹の出方を待つ間、
私たち札幌市民も、考えなくてはならない。
by office_pallet | 2009-02-21 21:00 | ニュース
<< アカデミー賞! ホームパーティ >>