池田町で朗読会
池田町の高島小学校で、
朗読会を開きました!!
たのしかったーのです。

全校児童が24人の小さな学校で、
ふれあいルームに座布団を敷いて座り、
行いました。

みんな仲良しで、兄弟みたい!
また、この日は参観日だったので、
お母さんたち15人と、妹や弟も。
小学生の膝の上に、1歳の子が・・・
なんて場面も自然です。

朗読会では、
私と依田アナウンサーが
サイロの掲載詩を朗読します。
それだけじゃあ、つまらないので、
子どもたちにも朗読してもらいます。

さらに!今回初の試みとして、
連詩に挑戦!!
一人一行書いて、書き連ねて完成させる詩です。

6人で1グループ。
6行の詩は、それぞれとってもおもしろいのです。
100人友達作りたいという詩もありました。
新任の先生が大好きという詩もありました。
でも、場をさらったのはお母さんグループの詩です。

そうなんです。
お母さんにも連詩に挑戦してもらいました。

「雨」
雨はいいにおい
夏のにおいがする
雨がやんだら虹が出た

素敵な詩ですよね。
ところが、代表して朗読してくださったお母さん、
うっかり、誤読。
「雨がやんだら 蚊が出た」と読んでしまったのです。

聞いている私たちは、何も知らず、
へーそうだね、雨上がりはヤブ蚊がでるよね、リアルでいいねえ、なんて
思っていたのですが、
書いたお母さん方から
「にじ!虹!にじ!」と大きなささやき!!
おとなもこどもも、先生も教育委員会の方も、大爆笑!!でした。

会場には
HTBの人気マスコットonちゃんも登場!
みんなで作った詩を短冊にして、
七夕飾りにしました。
そうなんです、先生方が、笹や七夕飾りを用意してくださいました。
感激!!

また、男子スピードスケートのオリンピック選手
及川佑選手が卒業した学校だったことから、
及川選手が小学二年の時に書いた「こおり」という詩を朗読、
メッセージももらいました。

また、朗読会の前に上映したドキュメンタリー
私が作った「先生、あのね・・・」で
ラストシーンを飾る詩の作者が
この学校にいたのです!!
画面に名前が出たとたん、みんな絶叫!!
知らなかったんですね。
本人は・・・なんとオンエアで見て知っていたけど、
だまってたんですって。
なんだか、すっきり、うれしそうでした。
私も、この素敵な詩の作者に会いたかったので、
本当にうれしかった!!

その様子は、
当日のイチオシ!
そして、木曜日のイチオシ!モーニングでも放送、
また、十勝毎日新聞にも掲載されました。

今度はあなたの学校にも行きますよ!!
by office_pallet | 2013-07-11 14:06 | お仕事 | Comments(0)
<< 夏の京都へ 今朝の子ネコたち >>