朗読会 源氏から時代をたどり・・・
久しぶりに朗読会を開きます。

「古典から現代へ〜美しきことばのうつろひ」

京ことばによる源氏の世界、江戸の人情、戦後の切ない女心・・・
名作の美しい言葉の響きと音楽で、時のうつろひをご堪能ください。
お酒をかたむけながら、ゆったりとお楽しみいただけます

仲代達矢の無名塾出身、朗読家の山下智子
フリーアナウンサー·朗読家の五十嵐いおり
チェンバロ奏者の明楽みゆき
三者の融け合う世界をご堪能くださいませ。

日時: 2017年11月9日(木)
    18時30分開演(18時開場)
会場: アローネア
    札幌市中央区南5条西6丁目18番地 HBNビル1階
   (011)511―2210
料金: 2500円(ワンドリンク付き)
主催: 音とことばの世界実行委員会
チケット: 大丸プレイガイド
お問い合わせ: 090-1644-6299 実行委員会
f0033609_16235666.jpg

# by office_pallet | 2017-10-17 16:20 | お仕事 | Comments(0)
朗読教室
朗読を習ってみようかな。
秋の夜長、ふとそんな気持ちになるのは
自然なことではないでしょうか。

朗読は、
長く静かにブームを続けています。
今月からは、NHKドラマ10で
朗読教室を舞台にしたラブコメディ
「この声をきみに」がスタートしました。

竹野内豊さんが大学の先生役で、
散々な人生の中で、朗読に出会う・・・
というストーリーのようです。
まだ初回しか見ていませんのでわかりませんが、
いきなり谷川俊太郎の「生きる」を群読するシーンがあり、
嬉しくなりました!

オフィスパレットでは、
五十嵐いおりが直接朗読をお教えしています。
朝日カルチャーセンター札幌の「あなたが輝く朗読・読み聞かせ」
オフィスパレット主宰の朗読サロン「想いが伝わる話し方」
どちらも、朗読を主にお教えする楽しい教室です。

詳しくはHPをご覧になってください。


f0033609_09183400.jpg

ぜひ一緒に朗読をしましょう!

五十嵐いおりは、指導者としてのスキルアップとして
山根基世先生のもとで最新朗読を学んでいます。
f0033609_09175239.jpg


# by office_pallet | 2017-09-18 09:21 | お仕事 | Comments(0)
勝った!注目の中学生
藤井四段勝ちましたね。
すごい!
将棋ブームをまきおこし、
さらに、ワンタン麺も流行るか?!
f0033609_22020094.jpg


一方で、
超える壁がない戦いはつまらないから、
報道は冷めてくのかな。
それとも
勝ち続けるうちは、注目は続くのか?








# by office_pallet | 2017-06-26 21:49 | ニュース | Comments(0)
話し方のレッスン、受けてみませんか?
f0033609_17165933.jpg

f0033609_17165934.jpg

f0033609_17170015.jpg

オヤツばかりですみません⁉︎
話し方レッスン、
7月から2年目に入ります。
朗読を練習しながら、様々なスキルを身につけるメソッドで、
聞き取りやすく、自信に満ち溢れた話し方を
手に入れます。
レッスンの合間は、
銘菓や今どきのお菓子をわいわいと❣️
楽しいレッスンです。
ぜひご参加ください。
詳しくはホームページで。

# by office_pallet | 2017-06-26 17:06 | お仕事 | Comments(0)
生徒さんが指原莉乃プロデュースのアイドルに!

私の個人レッスンを受けている大学生が、
夢叶い、芸能界での一歩を踏み出します!
もちろんダンスも歌も教えることはできませんが、
自己アピール、発声など最終面接対策と、
メンタルケアをして臨んだオーディションでした。


合格したという喜びの一報がきたときはガッツポーズです!

この夏にも「=love」(イコールラブ) としてCDデビューするそうですよ!
指原さんのパワーを追い風に、
ぜひ羽ばたいて欲しいです。

がんばれ〜


f0033609_11533528.jpg


写真の一番可愛らしい人が生徒さんなんです!!うふふ!



❣️



# by office_pallet | 2017-05-09 11:59 | お仕事 | Comments(0)
ミルフィーユおかわり!
六花亭札幌本店でのこと。
二階のカフェで、イチゴミルフィーユを注文しました。
サクサクのスティック状のミルフィーユとカスタードクリームが積み重なり、周りをイチゴとイチゴソースが飾っています。
f0033609_23114250.jpg


ミルフィーユとクリームが美味しすぎて、さくっ、さくっと食べていると、イチゴソースを食べきる前にミルフィーユ終了。
カレーとご飯と同じくバランス問題です⁉︎
仕方がないので、残したままごちそうさましていたところ、お店の方が近づいてきました。
「ミルフィーユのおかわり、いかがですか?」
手には、たくさんのミルフィーユが載ったお皿とトング。
私のお皿をみてたのかなあ〜。
それにしても、嬉しいサービス!
1つ頂き、イチゴソースたっぷりで食べました。
六花亭、だから好き!
# by office_pallet | 2017-03-23 16:17 | グルメ | Comments(0)
道新オントナのインタビューを受けました
f0033609_16423056.jpg
北海道新聞のタブロイド「オントナ」に掲載いただきました。
プロに聞く「話し方のコツ」ということで、インタビューを受けたのですが、
それをうまくまとめてくださいました。



新年度は、ご挨拶の機会が公私ともに多いとき。
ちょっとしたコツで乗り切るお手伝いができたら幸いです!!

これをきっかけに、
私の話し方レッスンを受講して見たい方は、
公式HPをごらんください。
http://www015.upp.so-net.ne.jp/pallet-iori/index.html
詳しく、ご案内しています。

4月二週目の開講ですので、お早めのご連絡をお待ちしています。











# by office_pallet | 2017-03-22 16:45 | お仕事 | Comments(0)
ラ・ラ・ランド
やっと、念願の「ラ・ラ・ランド」を見ることができました!
レディースデイということもあり、14時からの回だというのに7割埋まっているという状況!
もちろん混んでいるのは、
アカデミー賞効果と、
最近滅多にない、暴力や性描写のない安心ミュージカルということ、
そして、セッションの監督次回作!!!ということですよね。

見終わって感動がなかなか冷めやらず、
劇場ロビーで思ったことを書きなぐってしまいました。

ネタバレにつながるのでアップしません。

私にも、そんなことがあったなって・・・。
夢を追うことと、
愛する人と一緒にいることを、
秤に掛けなきゃいけなかった時・・・。
おっと、そこまで!

これから見る方は、
男の去り際にいつもいつも注目してください!!
惚れます!!

ミアとセバスチャンのテーマ、ピアノが鳴り止まない・・・。

f0033609_00072411.jpg


# by office_pallet | 2017-03-02 22:57 | 映画 | Comments(0)
星の王子さま を朗読する幸せ
「冬の朗読会」を無事終えることが出来ました。
支えてくださった皆様に感謝いたします。

今年度は、ずっと音楽家の皆さんと共演してきました。
素晴らしい刺激を受け、
朗読の世界を広げることができました。

しかし、ここで本来の言葉の力だけで勝負してみよう、
そう思っての挑戦でした。
音楽は一切なし、映像も必要最低限、
そして、トークショーを目指さず朗読の比重をあげて。

「星の王子さま」を読む1時間なりました。
普通に読めば、何時間かかるのでしょうか。
それを、なんとか時間に収めるために、
大胆なカットをしました。
というと、簡単に聞こえますが、
これが辛い作業でしたよ。
だって、どのエピソードにも深い意味がありますし、
聞き手のみなさんにとって欠かせない場面かもしれないって
思うからです。
削っては足し、足しては削り・・・。でも最後は割り切りました!!

ああ、読めば読むほど、本当にすごい物語です。
心にぐさぐさ入ってきます。
時に王子さま、時にバラ、キツネ・・・。
心が温かいもので満たされていく時間を、
幸せと言うのなら、朗読することは幸せでしかありませんでした。

一番染みる言葉ってなんでしょう。
私は、
「バラのためになくした時間が、君のバラをそんなにも大事なものにしたんだ」というキツネの言葉かな・・・。
大切な人のためにあれこれしたこと、思い、苦労や涙や汗が全部・・・愛の深さになる。
とってつけたようなものには、かわれっこないのです。

他にも他にもあるけれど・・・
多分、年齢や状況によって、沁みる言葉は変わるんだろうと思います。

ずっと読み続けなくちゃね。
「星の王子さま」!!

(サン・テグジュペリ作・大久保ゆう訳「あのときの王子くん」より朗読)
f0033609_23250661.jpg

# by office_pallet | 2017-02-27 23:00 | お仕事 | Comments(0)
映画 未来を花束にして
今日公開の映画
「未来を花束にして」をシアターキノで鑑賞しました。
当たり前に選挙権を持つ私たちは、
政治に無力感を感じ、
投票なんて無駄と断じることもあります。

この映画は、
女性参政権は、どのように勝ち取られてきたのか、そこに普通の女性たちの血と涙がこんなにもあったことを教えてくれます。
知識人や活動家が頑張っただけではなかったのです。
貧しく、
未来もなく、
我が子にも未来を与えられない
そんな、当時の女性たちの、
ささやかな幸せを求める気持ちが、花束となって未来を作ってきたのだと。

私たちはその結晶を、今、どれだけ生かしているでしょうか。
投票しても何も変わらない。
法律を変えるなんて難しすぎる。
それで終わっていいのでしょうか。

例えば危険運転致死傷を作ったのは、
子を失った1人の母親ではなかったでしょうか。
刹那、復讐、怒りではなく、
揺るがぬ信念を持ち、
失うことを恐れなくなった時、
女性は徹底的に進みます。
目的達成を疑わず這ってでも進みます。

要は、
信念を持っているかどうかということ。
その時、女性はとんでもなく強いのです。そう、私も。

男性には男性の物の見方や強さがあります。両輪を動かしてこそ、車は進みます。

この映画、18歳に見せられないでしょうか。
私なんかが投票していいの?
と不安を持つ子供たちに見て欲しい。
未来は私たちの手によって紡がれ、繋がっていくことを知って欲しい、この映画を見てそう思いました。
f0033609_15361102.jpg



# by office_pallet | 2017-01-27 15:32 | 映画 | Comments(0)